本日は東南アジアの株価推移を見ていきたいと思います。

リーマンショック以降の各国の株価推移を見てきましたが、ロシアや中国など変速的な動きをしている銘柄がありました。

やはり発展途上の国は面白い動きをしているということで、新興国の多い東南アジアの株価推移をまとめてみました。

まずは、下図をご覧ください。

インドについては、前々回ぐらいのブログでもピックアップしていますが、それ以外は初見となります。

2009年1月終値を1として、それ以降の株価変動率をグラフ化しています。

青線が日経平均株価ですが、アベノミクスにより空前の株価上昇をもってしても、マレーシアを除く東南アジアの国々には及びません。

正直、これは意外な結果となりました。

東南アジアはピリッとしないイメージでしたが、株価だけ見ると絶好調のようです。

やはり、株価上昇局面では新興国や新興株の方が伸びるということなのかもしれません。



スポンサードリンク